FXイメージ

FXをはじめるにあたってデモ口座をたっぷり利用してみました

FXをはじめてかれこれ5年になりますが、最初のころはとにかく取引になれるためにデモ口座を開設してたっぷり時間をかけて利用してみました。
だいたいどこの業者でもデモ口座は一ヶ月程度は無償で貸してもらえますので、実際と同じように取引をしてみることができるのです。
ただ、だいたいのデモ口座はバーチャルの証拠金もたっぷりに設定されているところが多いため、多少失敗してもあまり損失が気にならないという問題がありますが、それ以外は本番の環境と殆ど同じ状態で利用してみることができますので、おおいにいい勉強になります。
国内のFX業者の場合、殆どトレーディングソフトなどを独自に開発しているところが多く、使い勝手もかなり業者によって異なることから、実際に証拠金を差し入れてトレーディングをする前に十分に使い方に慣れておくことが必要になるのです。
正直なところ使いやすいツールもあれば、それほどでないものもありますし、インストール型ではなくウエッブサイトで取引をするものの場合には、パフォーマンスが悪くなることもあるので、事前の段階で入念に利用してみることがお勧めとなります。
またこうしたデモの口座の場合には、とにかくできることは全部一度はやってみるのが重要となります。
実際にトレーディングを始めてしまいますと、資金の問題でできないことというのは沢山ありますが、デモトレードであれば、ありとあらゆることを試してみることができますので、一通りやってみることが重要だと思います。
たとえば、ストップロスをおかずにずっと含み損を抱えてトレードしているといったいどういう状況に陥ってしまうのかといったことは損害がでるわけではないので、ぜひ一度試してみるといいと思います。
これによってマージンコールやロスカットの仕組みなどもよく理解できるようになりますし、実際に自分の資金だったらとんでもないことになるということも十分に経験することができるようになります。
まずはこうしたデモトレードの機会にそうしたことをすべて体験した上で、本番環境で証拠金を差し入れてみるのが正しい利用法ではないかと思います。
最低3つぐらいの業者のデモを利用してみますとその使い勝手もかなりわかるようになります。

Copyright(C) 2010 チャートを読もう.com All Rights Reserved.