FXイメージ

FXで個人がアービトラージをするのはかなり難しい

アービトラージというのは、裁定取引のことで、株や為替の世界ではよく使われている取引方法です。
同一価格しかありえない商品の価格に理論上では説明がつかないような価格差が発生するときに、その価格差を利用することで高い商品を売って、安い商品を買うことでまったくリスクを負わずに利益を上げることができる売買手法です。
実際市場で行われているのはかなり多額の金額について薄い利鞘をとる方法なので、レバレッジがついているとはいえ、個人の世界でFXでこれをやるのはなかなか至難の技だと思います。
実際に二つの業者でやれないかと思いトライしてみましたが、個人ができるFXは業者との相対取引となっているため、原則同じスプレッドの中で売りと買いをやってみても業者の都合でスプレッドが勝手に広がったりすることから、理論上は出来るといっても、実際には高いほうを売って安いほうを買うという形にならないのが実情で、私にはかなり難しいと感じています。
たとえば取引手数料は別個に支払いスプレッドのないような設定の証券会社2社でやれば、プロがやっているのと同じような世界が再現できるのかもしてませんが、今のところ、こうしたアービトラージを個人で実現は出来ていません。
また金額的にもかなり大きな証拠金を利用しませんと25倍のレバレッジでは努力したほどの利益が得られないのが実情であり、非常に難しいと思います。
ただ、巷では個人投資家でもやっている人は結構いるという話を聞きますので、どのように業者設定をするとこうしたことが実現するのかもう少しきちんと研究することが必要だと思っています。
プロの世界ではFXに限らず株の世界でも裁定取引は当たり前のようにやられているのものですが、為替の相対取引での実現方法については、今イチ釈然としないのが現状でありまして、いろいろ試行錯誤をしていますが、なかなかうまく実現できない状況です。
私の周辺で為替をやっている人間にも色々ヒアリングしていますが、なかなかこれがうまく実現できている人は個人投資家レベルでは本当にいないようですので、何か特別なやり方が存在するのかもしれないと思っています。
引き続き研究を続けたいと思います。

Copyright(C) 2010 チャートを読もう.com All Rights Reserved.