FXイメージ

FXは簡単に参入できる証拠金取引です

5年ほど前からFXの取引を行っています。
きっかけは株に比べて資金が少なくても大きな利益がとれることで、当時は国内の業者でもレバレッジを300倍以上で投資できることができたため、非常に小額で、売買を行うことができました。
最近ではレバレッジは個人投資家には25倍が上限となっていますが、それでも少ない原資を利用して大きく投資ができるのが大きな魅力となっています。
FXの場合、通貨ペアを選択してその通貨ペアが上がるか下がるかを予測してポジションを作るだけのことですから、投資の方法としては非常に簡単になりますが、世界中の実需の事業者や投資家が一つの市場で通貨を売買することになりますので、実に様々なファクターがかさなりあって市場を形成していますので、市場がどの方向に動こうとしているのかをしっかり見定めた上でポジションを作っていくことがきわめて重要であるということを痛感させられました。
また全ての売買が思った方向には動かないことから、勝率6割程度で、常に一定の損が出たときには自分でルールを設定して損切りを行い、証拠金をむやみに減らさないことが重要であるということも実際に投資をおこなってみて身にしみて理解することが出来た次第です。
証拠金をきちんと維持していれば、必ず大きな利益をえられる機会がやってきますので、そのときにきちんと証拠金を使えるようにしておくことが非常に重要だと思っています。
また、通貨ペアにはとの時々に旬の通貨というものがあることも理解しておく必要があると思います。
たとえば2013年で言えば、前半は完全に円が主導で市場が動くこととなり、ドル円をはじめユーロ円などクロス円が利益を上げていく大きなポイントになったのです。
また5月以降は米国の量的金融緩和が終焉を迎えることが正式に発表されたため、ドルを中心に市場が動くこととなりました。
このように常い相場では時の旬になる通貨が登場することになりますので、その状況をよく観察してしっかりついていくことが利益を確保していくためには非常に重要となると考えています。
今後ともFXで利益を上げられるようにがんばって投資を続けていきたいと考えています。

Copyright(C) 2010 チャートを読もう.com All Rights Reserved.